呼吸器系の病気

呼吸器系の病気ではぜんそくや気管支炎などが上げられます。 ぜんそくは、気管支に何等かの炎症があることにより過敏になり、ひどい咳のような症状が出るものです。 その原因は様々で、アトピーであったり、感染症であったりと気管支に直接関係しないようなことが原因であったりもします。 小児ぜんそくの場合はアトピー素因が多くの患者に認められるようで、 体外の物質に対して過敏に反応してしまいアレルギーを起こしやすい体質であることが多く、 食物アレルギーから始まり、ハウスダストやダニなどの住環境に関するアレルギーなどからぜんそくにつながっていくのではないかと考えられています。

発作の程度も様々にあり、普段の生活に支障はないが軽いぜんそくがたまに起きる程度のものから、 呼吸困難になって、チアノーゼが出るほどのものまであります。 重い症状が出ている場合にはすぐに救急車を呼び、対処することが必要です。 気管支炎は、風邪をこじらせてしまった場合に起こりやすい病気です。

タンがなかなか取れず、呼吸するたびにのどでゴロゴロ言っていたりすると気管支炎と診断されることがあります。 熱がある場合もありますが、無い場合もあり、症状は様々です。 治療としては、気管支にあるタンを取り除く薬を飲んだり、体が風邪で弱っていることで二次感染を起こすこともあるので、 抗生物質を飲むなどの治療が行われます。